QRコードの活用により、シンプルで操作性に優れたクラウド勤怠管理システム
「おしごとQR 標準版」 の主な機能を説明します。



■おしごとQRカード
「おしごとQR」では、すべての従業員(パートや業務委託などを含む)に、個別のQRコードを印字した「おしごとQRカード」を提供します。他社の勤怠システムでは、社員IDカードの作成費用が別途必要となりますが、「おしごとQR」ではご契約人数分の「おしごとQRカード」がサービス費用に含まれるので、追加費用が不要です。
<おしごとQRカード サンプル>

■出退勤打刻
スマートフォン/タブレットやパソコンで「おしごとQRカード」を読み取ると 「出退勤打刻」画面が表示されます。この画面では、出退勤時刻の記録(打刻)、 休暇申請、残業や出張などの届出申請、当月の出退勤時刻を一覧する出退勤一覧 といった操作が可能です。一般ユーザーは勤怠管理に必要な操作を、 この画面だけで完結できるので、難しい操作を覚える必要がありません。
<出退勤打刻 画面>

■休暇申請
休暇申請は、休暇申請ボタンをクリックし、「休暇申請詳細」から申請します。 休暇種別には、有給休暇(半休)、時間年休(1時間有休)、代休、振替休暇、 特別休暇があります。休暇申請が上長に承認されると、勤怠詳細のステータスが 自動で変更されます。

■届出申請
「届出申請」より、残業(早出残業を含む)や休日出勤、出張を上長へ申請できます。 遅刻対象外は、電車遅延などにより定時後に出勤打刻した場合、遅刻を無効化する申請です。 早退対象外は、台風などで一斉退社となった場合に、早退を無効化する申請です。 なお、残業申請がない場合(未届出残業)は、月次処理の時間外労働には含まれません。

■出退勤時刻変更
「おしごとQR」では、働き方改革で求められている“厳格な勤怠管理”を実現するため、 出退勤時刻を手作業で修正することはできません。出退勤時刻を変更する場合は、 「勤怠修正」から時刻変更の申請を行い、上長の承認により反映されます。

■勤怠詳細
「おしごとQR」で記録した出退勤時刻は、管理サイトの「勤怠詳細」で確認できます。 「勤怠詳細」では、出退勤時刻や遅刻/早退/休暇などの勤怠状況、および残業時間などを 確認できます。記録された出退勤時刻を修正・変更する場合は、届出申請が必要です。 また、「勤怠詳細」では、届出のない遅刻・早退・残業をメッセージで警告します。
<勤怠詳細>

■時間外労働時間一覧
働き方改革関連法の改正により、すべての企業に時間外労働(残業時間)の上限規制が適用されるようになりました。
  • 時間外労働は年720時間以内
  • 時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満
  • 時間外労働と休日労働の合計が複数月平均で月当たり80時間以内
  • 時間外労働が月45時間を超えることができるのは、年6か月まで
「おしごとQR」では、従業員の残業時間がこの上限規制を超えていないかを見える化するために、「時間外労働時間一覧」機能を提供しています。この機能では長時間残業者をメッセージや色で警告します。
<時間外労働時間一覧>

■有給休暇実績一覧
おしごとQRでは、「有給休暇実績一覧」機能で、最新の有給休暇取得状況を確認できます。検索機能によりグループごとの絞り込みが可能で、PDF出力にも対応しています。

■シフト勤務
シフト勤務は、パート従業員のような週に数回、決まった時間に勤務する場合に使用します。 従業員ごとに勤務日・勤務時間を設定すると「シフト表」で確認でき、シフト表をPDFで 出力することも可能です。また、各従業員のシフト勤務時間に合わせて、遅刻・早退などを 自動でチェックします。
<シフト表>

■勤務パターン
「勤務パターン」は、出勤退時刻や出勤日を自由に設定できる機能です。 事前に勤務形態ごとの勤務パターンを登録し、従業員の勤務形態に合わせて、 出勤日ごとの勤務パターンを設定します。(勤務パターンはマネージャー権限者が 設定できます)この機能により、土曜日を勤務日とするような勤務パターンや、 毎週どこかで1日だけ在宅勤務を行うといった設定も可能です。

■全社連絡や部内告知の連絡機能(お知らせ)
「おしごとQR」には、従業員に連絡事項を一斉通知する「お知らせ」機能があります。 この機能では全社もしくは特定グループ指定や掲載期間を限定できるので、全社通達や 部門連絡などに活用できます。
 
<お知らせメッセージ>

■テレワーク/リモートワーク、在宅勤務や直行直帰に対応(位置情報の自動記録)
「おしごとQR」は、インターネットに接続されたスマートフォン・タブレット・パソコンから勤怠管理が可能です。このため、自社のオフィスや拠点以外の場所でも、出退勤時刻を記録できます。休暇申請や勤怠管理機能も外出先から可能なので、場所に縛られない勤怠管理が可能となります。
<テレワーク対応のクラウド勤怠管理「おしごとQR」>
さらに、「おしごとQR」で出退勤時刻を打刻すると自動的に位置情報を記録(※)します。 「勤怠詳細」の出勤場所・退勤場所のブルーのアイコンをクリックすると、打刻された 場所の地図が表示されます。この機能により管理者は、テレワークや外出時の勤務場所を 簡単に確認することができます。 ※ おしごとQRの位置情報はデバイスの位置情報を使用します。このため、 デバイスの状況によっては位置情報にずれが生じる場合があります。
<出退勤打刻の位置情報>

■部門ごとの勤怠表をワンクリックで作成(グループ勤怠)
「おしごとQR」では、グループ(部門・組織)ごとに、月次単位で勤怠データを確定させます。はじめに、従業員が勤怠データを申請し上長が承認します。次にグループ長がグループ単位の勤怠データを申請し、労務担当が承認するとグループ勤怠が確定します。 勤怠データが確定すると、グループごとに一括で勤怠表をPDF出力できます。 確定した勤怠データを給与システムに合わせたCSV形式で出力することも可能です。
<グループ勤怠サマリ・詳細>

■勤怠データをカスタマイズしてエクスポート(CSV出力)
「おしごとQR」では、勤怠データをCSV形式で出力できるので、給与計算システムなどと データ連携することが可能です。 ・サマリCSV: 従業員ごとの勤怠情報を1行にまとめた形式です。 ・明細CSV:  従業員の勤怠情報を出勤簿のように出勤日ごとに出力する形式です。 CSVデータ項目は、ドラッグアンドドロップで簡単に設定できます。

<CSV出力設定>

■24時間365日対応のチャットサポートを標準提供
「おしごとQR」の標準機能であるチャットサポートで操作方法などを確認できます。 このチャットサポートは24時間365日利用可能です。また、チャットサポートから 質問のお問い合わせをすることもできます。

■導入から運用まで、手間のかからない勤怠管理システム
おしごとQRはクラウドサービスなので、IT機器の購入やソフトウェア導入が不要で、 打刻用デバイスのスマートフォンやパソコンをご用意いただくだけです。 そして、おしごとQRの初期設定はすべて当社で対応するので、手間がかからず スムーズにご利用開始いただけます。また、導入後の管理運用についても、使い易い 操作性とシンプルな機能で、勤怠管理の省力化、効率化が実現できます。